はじめての方へ

おすすめの選び方

商品一覧

ワイン情報をもっと知りたい

ショップ情報

  • WEBショップ

    075-275-1309

    営業時間:10:00〜19:00
    定休日:日曜日

  • 京都本店(お急ぎの場合)

    075-841-3058

    営業時間:11:00〜19:00
    定休日:日曜日・月曜日

    MAP

HOME > 食品 Food > チーズ Cheese > 【秋・冬限定】 モン・ドールチーズ 〜言葉を失うおいしさ〜

無題ドキュメント

秋の訪れを告げ、春の訪れとともに姿を消すチーズ

すっかり涼しくなり、山のチーズやモン・ドールチーズが美味しい季節になりました。モン・ドールとは、フランスとスイスの国境近く、ジュラ山脈の「モン・ドール(「黄金の山」の意)」という渓谷一帯で、秋から冬の期間のみ生産されるウォッシュタイプのチーズです。ウォッシュタイプと呼ばれるタイプのチーズは、熟成させる過程で、その表面を地元のワインやブランデーなどを使って何度も洗うのですが、モン・ドールチーズは塩水で洗って熟成させるので、ミルク本来の旨味と独自の味わいを持っています。

フランスでモン・ドールの製造が許される期間は、8月15日〜3月15日と定められていて、製造元で約4週間、その後チーズ業者で2〜3週間熟成させます。そのため、初物が日本に届くのは早くても9月末頃。側面はエピセア(樅の木の一種)という木の樹皮で巻き、更にエピセアの棚の上で熟成させ、出荷する際には、エピセアで作った木箱に入れられるので、香ばしい木の香りが広がるのが特徴です。

表皮の形状の秘密

モン・ドールの表皮を見ていただくと、少し盛り上がって波打っていることに気付きます。その形状は一つとして同じ物がありません。ではなぜ、このような形になるのか…それは製造工程の最後に箱詰めを行うからなのです。牛乳に凝乳酵素を入れ、余分なホエーを抜いたチーズはエピセアの樹皮を巻いて熟成工程に入ります。上下をウォッシュし、熟成した後、重量や大きさもバラバラだったチーズ達は一回り小さいエピセアの木箱に入れらます。そのために上部がモニョモニョと盛り上がり、表面にドレープの模様がつくのです。

木箱の大きさより大きい形をしたチーズも、同じ形の木箱に押し込まれるので、波が多いほど元は大きなモン・ドールだったのかもしれませんね!

色々な楽しみ方!

お店で販売している物は、殆どがフランスから届いたばかりの若いモン・ドール。チーズもワインと同じく、熟成期間によって様々な味わいを楽しめます。若い熟成のモンドールは生地に弾力があり、ミルクのまろやかな風味が口いっぱいに広がります。逆にしっかり熟成してくると強い匂いもしますが、濃厚なミルクのコクが味わえます。

ショップで購入したモンドールは、是非ご自宅の冷蔵庫で少し熟成させてから召し上がって下さい。そして、モンドールを存分に楽しむには、あわてないことが肝心! 冷蔵庫から出して、常温で30分〜1時間くらい置くと、生地が少し柔らかめに味わいがマイルドに変化してきます。

また、そのままでも十分美味しいモン・ドールですが、フランスで最もポピュラーな食べ方でもある、刻んだニンニクと白ワイン・パン粉を入れオーブンで焼いて食べる「フォンドール」もぜひお試しください! 寒い日には特にいいご馳走ですよ♪ 
(フォンドールの簡単レシピは商品ページにて記載しています!)

1 件中 1-1 件表示 

モン・ドール 約400g 毎週火曜10時締切(予約品:3週後の金曜日お届け、遠方は土曜日お届け)

モン・ドール 約400g 毎週月曜10時締切(予約品:3週後の金曜日お届け、遠方は土曜日お届け)

おすすめ

WG価格4,260円(消費税込:4,600円)

在庫切れ

表皮をめくると、「チーズの真珠」の呼び名に相応しい光り輝くパール色。 まるで濃厚なクリームを食べているかのような芳醇な口当たり。一口すくって口に入れればフワフワっと心地良い絹のような滑らかさ♪ 優しい塩気が鼻に抜け、飲み込んだ後は一気にミルクの甘みやナッツのような香ばしい余韻がジュワーッと口の中に広がります。

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る


1 件中 1-1 件表示