はじめての方へ

おすすめの選び方

商品一覧

ワイン情報をもっと知りたい

ショップ情報

  • WEBショップ

    075-275-1309

    営業時間:10:00〜19:00
    定休日:日曜日

  • 京都本店(お急ぎの場合)

    075-841-3058

    営業時間:11:00〜19:00
    定休日:日曜日・月曜日

    MAP

HOME > ドイツ Germany > エゴン・ミュラー Egon Müller

エゴン・ミュラー

Egon Müller

ドイツが世界に誇る世界最高峰の白ワイン生産者

世界のワイン愛好家から「ドイツワインのロマネ・コンティとも言える」、「比類なきワイン」と絶賛されるほどの傑作を生みだし続けているエゴン・ミュラー家。あくまでリースリングにこだわり、厳選された最良のブドウ畑から、ごくごく少量のリースリングしか収穫せず、天然酵母による伝統的な醸造法を守り続けています。

エゴン・ミュラーはそもそも、糖度に基づいた現在のドイツワインのシステム自体に懐疑的で、ワインの格付けは糖度ではなく質によって行われるべきであると考えています。法が定めた品質表示のハードルは低すぎると、独自の厳しいハードルを設け、納得のいくワインしか造りません。

現当主エゴン4世(=5代目当主)は、ガイゼンハイムワイン醸造大学で学んだあと、フランス、アメリカ、そして日本でも研鑽を積み、世界各地のワイン造りの現場を見てきました。2001年1月15日に先代エゴン3世が亡くなった後も、先代の意思を引き継ぎ、歴史と伝統に培われた世界最高峰の白ワインを生み出しています。先代エゴン3世の「ワインの品質はブドウ畑によって決まる。セラーではブドウ畑の力量を超えることが出来ないが、ブドウの潜在能力をボトルの中で最大限に表現することが出来る」との言葉通りに、エゴン4世もまた、畑での仕事を先頭きって指揮するたくましい栽培家で、1993年に誕生したプリムファミリー(世界を代表する生産者の集まり)の一員として、スロヴェキアなどでのワイン造りにも意欲的に取り組んでいます。

ドイツワインの核「シャルツホーフベルク」

モーゼルに注ぐザール川流域地区は、気温が低くスレート質土壌が強いため、いきいきとした冴えわたる酸味を持ち、ミネラル分が豊かなことが特徴であり、甘味と酸味のバランスに優れたワインを生み出します。シャルツホーフベルクはその代表ともいえる畑で、もしドイツに畑の格付け制度が出来たなら、間違いなく特級格付けの筆頭にランクされると言われています。

古代ローマ人によって作られたシャルツホーフベルクは、11世紀にベネディクト派修道院によってモーゼル川の支流ザール周辺に開墾され、トリアーの聖母マリア修道院に帰属していました。それがフランス革命後のナポレオン軍の征服によって接収され、後にフランス政府の競売にかけられることとなり、1797年、その競売の際に買い取ったのが、ジャン・ジャック・コッホ(エゴン・ミュラーの先祖)でした。その後この畑は一族によって守られ続け、現在の当主であるエゴン・ミュラーは彼から数えて4代目に当たります。ちなみに、シャルツホーフベルクのScharzは、ラテン語のsarcire(新耕地)から来ており、その起源がローマ時代まで遡ることができるほど由緒正しい畑なのです。エゴン・ミュラー家では、シャルツホーフベルク以外にも、ヴィルティンゲンやザールブルク、オックフェンなど複数の畑を所有しており、それぞれの畑の個性を生かしたワインを生み出しています。なんと言っても特筆すべきは、現在、シャルツホーフベルク27haの畑の所有者8名の中で最も評価の高い、標高170m〜320mのシャルツホーフベルクの核とも言える部分を約8ha所有し、そのうちの半分にはフィロキセラ禍以前、樹齢100年以上のリースリングが植えられていることです。

また、ドイツワインは通常、ラベルに村名+畑名を表記しなければなりませんが、5つのブドウ畑に限っては、村名を表示せずに畑名だけの表示が許される特別な単一畑(オルツタイルラーゲ)であり、シャルツホーフベルクは、もちろんそのひとつです。何においても例外を許さない厳格な気質のドイツ人が、ワインの表記で例外を許したこの事実は、いかにこの畑から造られるワインに敬意を表しているかがわかるエピソードです。その人気ゆえ、オークションでも常に驚くような価格で取引され、なかなか手に入らない逸品。比類なくエレガントな果実味と、ザール地区独特のいきいきと冴えわたる酸味がたっぷり感じられる、高貴で繊細な味わいがお楽しみいただけます。

現在登録されている商品はありません