はじめての方へ

おすすめの選び方

商品一覧

ワイン情報をもっと知りたい

ショップ情報

  • WEBショップ

    075-275-1309

    営業時間:10:00〜19:00
    定休日:日曜日

  • 京都本店(お急ぎの場合)

    075-841-3058

    営業時間:11:00〜19:00
    定休日:日曜日・月曜日

    MAP

HOME > フランス France > ブルゴーニュ Bourgogne > ブルゴーニュ生産者一覧 > フレデリック・マニャン Frederic Magnien

フレデリック・マニャン

Frédéric Magnien

限りなくドメーヌに近いネゴシアン

フレデリック・マニャンはマニャン家の5代目としてモレ・サン・ドニに生まれ、1995年に自身の名を冠したネゴシアンを設立しました。フレデリックは毎日畑に出て自分の足で条件に合った畑を探し出し、所有者と交渉するということを10年以上繰り返してきたため、全てのブルゴーニュの畑、区画、そして所有者を熟知しています。彼等は畑の所有者から委託を受け、栽培チームを派遣し畑の管理を全て自分達で行う新しいスタイルのネゴシアンで、書類上はネゴシアンですが、ドメーヌと変わりない仕事をしています。栽培責任者はルロワにビオディナミを導入し、30年以上ルロワの栽培を指揮してきた人物。「より繊細で果実のピュアな部分を重視したワインに進化していきたい」と語っています。ネゴシアンとしてテロワールを表現するためには、従来のブドウ買いや樽買いでは不可能。栽培から関わり、理想のブドウを育て、理想のタイミングで収穫することができなければ理想のワインはできないという考えのもと、高品質なワイン造りに尽力しています。

土壌と樹齢を最重視したハイレベルな村名ワイン

テロワールの表現にこだわるフレデリックは制定されているAOCには納得していないようで、その枠に収まらない取組みも始めました。鉄の多い畑から造ったワインに「クール・ド・フェ―ル (鉄)」。石の多い畑を合わせたワインに「クール・ド・ロッシュ(石)」。そして、粘土の強い畑のワインには「クール・ダルジール(粘土)」と表記したのです。フレデリックは「村名ワインを造る時、村の個性以上に各畑の土壌の個性が勝ることがある。それならばその事実を表記するべきだと思った」と語り、畑を選ぶ時には土壌と樹齢を最重視しています。村名ワインでも最低40年の樹齢が条件で、土壌の個性を表現するにはある程度根を伸ばす必要があり、樹勢を落とし、樹中の水分量を減らさなければならないという考えをブドウの育成に反映させています。

より自然で人為的介入を少なくした独自のワイン造り

10年以上前から有機栽培を取り入れ、太陰有機法に従った栽培や醸造を行ってきました。最近のフレデリックはより自然で人為的介入を少なくする方向に向かっており、「DRCよりルロワが好きだ。1点の汚れもない完璧に整理整頓されたワインよりも、欠点があっても伸びやかで定規で測れないワインが好き」とコメントしています。 通常、春にブドウの房が形成され始めると、ツルの先端を切り落とします。これはツルを伸ばす為に使う養分をブドウの房に使わせるように生育を促す栽培法で、ほぼ全ての造り手が導入していますが、フレデリックはこの栽培法に対し「春の摘芯もやめた。養分の分配はブドウ樹が自分でやる。人間がやるべきではないし、ツルを切られることのストレスの方が大きい」と独自の考えを展開しています。「ワイン造りは造り手の趣向やトレンドを極力排除した自然な形でありたい」と語り、醸造はグラン・クリュもACブルゴーニュも基本的に変わらない非常に丁寧な作業のもとで行われています。

ジャー(アンフォラ)熟成を導入し、さらなる高みへ

日本に初めてフレデリックのワインが紹介されたのは「バレル・セレクション」という、インポーターがワインを樽買いし、日本国内で流通させるという方法でした。日本に最初に紹介された「フレデリック・マニャン」は新樽 100%のみだったので、彼のワインに今でも「樽」のイメージを持つ人も多いことでしょう。加えて2002年まではノン・フィルターで少し濁っており、現在と比べて収穫も遅く、少し過熟でマセラシオンの期間も長めでした。しかしここ数年でフレデリックの評価は一気に高まっており2000年代前半まではワインに悩みが現れていたようですが、それは通過点だったのかもしれません。

特筆すべきはジャー(アンフォラ)での熟成を開始したこと。スペイン製の薄い素焼きの甕での熟成により、水分が少し蒸発し、味わいが若干凝縮します。内側を蜜蝋で焼き固めていないものを使用することで香り成分や水に溶ける成分は何も無く、バリックのようにタンニンや香りをワインに与えないことが特徴です。ブドウそのものの個性を引き出してくれますが、現段階では単体では複雑味に欠けると判断し、バリック熟成のワインとのブレンドでバランスをとっています。

2012年版ベタンヌ・ドゥソーヴではネゴシアンとして最高評価のBDマーク4つを獲得し、一流ドメーヌ以上の評価を受けました。さらにはベタンヌから「フレデリック・マニャンは変わった。他のネゴシアンと区別しなくてはいけない。難しい年だった2008年をとても上品に仕上げ、それが本物だということを2009 年で証明した。今後も楽しみだ」と、的確で印象的なコメントも獲得しています。

5 件中 1-5 件表示 

フレデリック・マニャン フィサン クール・ド・ヴィオレット 2016(夏セール2020 No.6)

【28%オフ!】
フレデリック・マニャン フィサン クール・ド・ヴィオレット 2016(2020夏セールNo.6)

通常5,400円(税抜)→
WG価格3,888円(消費税込:4,276円)

強いミネラルを感じる繊細でフレッシュな味わい 石灰含有量が多い土壌のためワインにはミネラル感が強く出ており、黒系果実ではなく赤系果実の風味が広がる、繊細でフレッシュな味わいに仕上がっています。
品種:ピノ・ノワール100% 赤・ミディアムフルボディ

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック・マニャン ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2017(送料無料ワイン)

【750mlのワインが普通便12本、クール便8本まで送料無料!】
フレデリック・マニャン ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2017(送料無料ワイン)

通常3,400円(税抜)→
WG価格3,170円(消費税込:3,487円)

高品質に定評のあるフレッシュでジューシーな赤 チェリーやラズベリーなどの赤い果実を想わせる、明るくフレッシュなアロマジューシーな風味の中に大地やスパイスのニュアンスも感じられ、グラン・クリュもACブルゴーニュも基本的に変わらない非常に丁寧な作業を行うフレデリックの手腕が光る、高品質な味わいに仕上がっています。
品種:ピノ・ノワール100% 赤・ミディアムフルボディ

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック・マニャン モレ・サン・ドニ 1er クロ・ボーレ 1997

フレデリック・マニャン モレ・サン・ドニ 1er クロ・ボーレ 1997

通常8,200円(税抜)→
WG価格7,872円(消費税込:8,659円)

在庫切れ

飲み頃!繊細な味わいを生む1級畑 1997年のモレ・サン・ドニは酷暑だったため、固いタンニンが特徴でしたが、20年の熟成を経て、甘みが出て飲み頃です!
品種:ピノ・ノワール100% 赤・ミディアムフルボディ

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック・マニャン モレ・サン・ドニ 1er レ・ブランシャール 1999

フレデリック・マニャン モレ・サン・ドニ 1er レ・ブランシャール 1999

通常8,400円(税抜)→
WG価格8,064円(消費税込:8,870円)

在庫切れ

蔵出し!良年1999年ヴィンテージ 1999年はバランスの良い良年ヴィンテージです。熟成を重ねて深みを増した味わいをお楽しみください!
品種:ピノ・ノワール100% 赤・ミディアムフルボディ

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る

フレデリック・マニャン シャンボール・ミュジニィ 1er レ・シャルム ヴィエイユ・ヴィーニュ 2012

フレデリック・マニャン シャンボール・ミュジニィ 1er レ・シャルム ヴィエイユ・ヴィーニュ 2012

通常12,400円(税抜)→
WG価格8,900円(消費税込:9,790円)

在庫切れ

古樹から造られる複雑な味わい こちらの一級レ・シャルムは、シャンボール・ミュジニィの特級畑「レ・ミュジニィ」と「プティ・ミュジニィ」に近く、レ・ザムルーズの畑続きの区画にある。その平均樹齢はなんと70年(最も古いもので樹齢100年)!深く凝縮した味わいが感じられ、そこに古樹の複雑な味わいが見事に調和しています。余韻は長く滑らかで、自然と魅了されてしまいます。
品種 :ピノ・ノワール100% 赤・ミディアムフルボディ

お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
詳しく見る


5 件中 1-5 件表示