はじめての方へ

おすすめの選び方

商品一覧

ワイン情報をもっと知りたい

ショップ情報

  • WEBショップ

    075-275-1309

    営業時間:10:00〜19:00
    定休日:日曜日

  • 京都本店(お急ぎの場合)

    075-841-3058

    営業時間:11:00〜19:00
    定休日:日曜日・月曜日

    MAP

HOME > 今月のおすすめ特集 > ドイツワインフェア2020 > フェアおすすめ生産者「ベルンハルト・フーバー」

ベルンハルト・フーバー

Bernhard Huber

世界を驚愕させた最高峰ピノ・ノワール

フランスとスイスとの国境線沿いに位置し、ドイツで最も温暖な地、バーデン地方。そこで最も注目を集めているのがフーバー醸造所です。ベルンハルト・フーバー氏が研修生だったころ、13世紀の古文書に出会い、そこで故郷マルターディンゲン村がかつてピノ・ノワールの一大名産地だったことを知ります。1987年、当時加盟していた協同組合を脱退、ブドウ栽培からワイン醸造、瓶詰めまでを行う醸造所を立ち上げました。当時安価な甘口ワインばかり造っていた世間の冷たい風にさらされながら、ピノ・ノワールの栽培に命をかけ続け、次第にその名は世界に轟き、たった20年ほどでドイツで最も権威のあるワインガイド「ゴーミヨ」にて2008年度最優秀醸造家賞を受賞、さらに2011年度は他を寄せ付けず、赤ワイン賞3冠に輝きました。残念ながら、2014年6月、55歳の若さで永眠されたベルンハルト氏。今はその熱き魂を受け継いだ息子であり新当主のユリアンによって素晴らしいワインが生み出され続けています。

700年前に選ばれた土壌と風土

フーバー醸造所の歴史は、フーバー氏と13世紀の1冊の古文書との出会いから始まります。文献によると、ライン河を渡りゲルマンの地に布教に来たフランスのシトー派の僧侶が、マルターディンゲン村にピノ・ノワールを持ち込んだことが記載されていました。彼らの故郷であるブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似しており、当時からピノ・ノワールの名産地として名を馳せていました。土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔、海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いの土壌が露出し、赤ワインに欠かせない複雑味をもたらすといわれています。甘口の白ワインがブームになり、長い眠りについていたマルターディンゲン村に着目したフーバーさんの努力により、この地は再び陽の目を見ることとなったのです。

こだわりぬかれた高品質ワインへの思い

現在でこそドイツで認知されているオーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、以前は奇異なものでした。そのパイオニアとして果敢に取りくんだのがこのフーバー醸造所です。彼の成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックの存在は欠かせません。また、低収量、古樹のブドウの使用はもちろん、並々ならぬ品質へのこだわりがあり、その1つに、ブドウの房を半分に切る作業があります。下半分を切ることで、粒と粒の間に隙間ができて風通しがよくなることで、カビからブドウの房を守り、より長く木成りの状態を保て、ワインによりいっそう深みと複雑味を与えることができます。これらの丁寧な作業のひとつひとつが、新樽の風味に負けることのない力強い果汁をうみだす所以なのです。

ゾンマーハルデ ビーネンベルク シュロスベルク ヴィルデンシュタイン
現在登録されている商品はありません