はじめての方へ

おすすめの選び方

商品一覧

ワイン情報をもっと知りたい

ショップ情報

  • WEBショップ

    075-275-1309

    営業時間:10:00〜19:00
    定休日:日曜日

  • 京都本店(お急ぎの場合)

    075-841-3058

    営業時間:11:00〜19:00
    定休日:日曜日・月曜日

    MAP

HOME > 今月のおすすめ特集 > 2020年春セール◆商品一覧 > 2020年春セール◆【トピックワイン】 > ドメーヌ・アルロー

ブルゴーニュの新たなる伝説「モレ・サン・ドニ最高峰」ドメーヌ

創業1942年。第二次世界大戦中、ローヌ地方アルディッシュ出身のジョセフ・アルローが、ブルゴーニュ出身のルネ・アミオと結婚し、ルネの両親が所有していた畑を受け継ぎ1949年にドメーヌを興したことが始まりのドメーヌ・アルロー。1982年、息子のエルヴェ・アルローがドメーヌを継承し徐々に良い畑のみを買い足し、昨今の確固たる基盤を築きました。素晴らしい畑を所有していることはもちろんですが、1997年にワイン造りに参画しはじめた3代目となるシプリアンに運営の全権が移ってからというもの、瞬く間にその名が知られることとなります。派手さはないものの、潔癖なほどに当たり前の作業の積み重ねにより、いまや、同じモレ・サン・ドニ村のポンソ家やデュジャック家、リニエ家、グロフィエ家といった名だたる造り手に勝るとも劣らない評価を得るに至るまで、ワインの品質を引き上げました。シプリアンは「ワインを造ることはハーモニーの探求」と言います。「ワインとは、酸味、アルコール、タンニン、ボリュームの中でバランスを保たなければいけない。自然との共有であり、品質の高いブドウを得られるように常に努め、願わなければならない。」と。バランスであり、ハーモニー。まさにこれが彼のワイン造りの真髄なのです。

とりわけ栽培方法における大改革を行い、1998年にはリュット・レゾネでの管理へ移行。2003年には、クロード・デュガやロベール・アルヌーで修行し戻ってきた弟のロマンが、さらに2004年には馬の調教訓練士であり馬による耕作の研修を経た妹のベルティーユも加わり、ビオディナミへと移行しました。「良いワインは良い畑から」の考えに真正面から向き合い実践しています。もちろん化学肥料は使用しておらず、耕作は2頭の馬(ヌガーとオカピー)により行っています。収量に関しても思慮深く、植物のもつ活力を狂わせるという理由から35hl以下の極端な収量制限は行いません。同時にドメーヌは拡張を続け、2004年に15ha、20種類のアペラシオンを所有することとなりました。その中には、クロ・ド・ラ・ロッシュ、クロ・サン・ドニ、シャルム・シャンベルタン、ボンヌ・マールなど、コート・ド・ニュイを代表する特級の銘醸畑も含まれています。

ブランシャール
ミランド ドメーヌリスト

グローワーたちとの共同作品「エ・アルロー」の誕生

ネゴシアンには、ワインを買って売りさばく「ブローカー」や、オスピス・ド・ボーヌのワインのように、発酵を終えたワインを買い、自ら樽熟成させる「ネゴシアン・エルヴェール」、さらに、ブドウを購入し自ら発酵・醸造を行う品質重視型の「ネゴシアン・ヴィニフィカトゥール」などがあります。シプリアンが選んだのは、自ら農家とともに畑で汗して栽培を行う新しいスタイル「ネゴシアン・ヴィティクルチュール」です。農家の方々とノウハウや哲学を共有し、成功や喜びを分かち合うため、あえて「ネゴシアン」ブランドとして2012年「エ・アルロー」を立ち上げました。

栽培はドメーヌ同様、オーガニック栽培から徐々にビオディナミへと切り替え、ドメーヌで飼育する2頭の馬による耕作も行っています。醸造についても、王道のグラン・ヴァンスタイルを理想とするクラシックな方法で行います。シプリアン自らが粒選りの厳しい選果を行い、外気の影響を受けやすいステンレスタンクではなくコンクリートタンクで発酵。熟成に用いる樽は、材料、焼き加減、乾燥時間など特注によるもの。また、コルクも液面に接する部分を鏡面仕上げにしたものを使用するなど、細部にわたりドメーヌと変わらぬ心血が注がれます。「エ・アルロー」の「&」に込められた想いとは、グローワーたちと「共にある」「共に歩む」「共に造る」という哲学なのです。

エ・アルローリスト
現在登録されている商品はありません